【動画】車番検知と利用シーン-TRASCOPE-AIカメラでの映像解析-

TRASCOPE-AIカメラ映像解析による車番検知と利用シーンを動画でご紹介!

動画の内容

【TRASCOPE-AIカメラ映像解析による車番検知と利用シーン】

車番の検知アルゴリズムをAIカメラに搭載することで、リアルタイムな車番認証とクラウドへの検知結果送信が実現されます。

リアルタイムな車番認証とクラウドへの検知結果送信

車番検知は様々な利用シーンが考えられます。

車番検知の様々な利用シーン

【車両の入退庫管理】のご利用

車両の入退庫管理

例えば施設の出入り口で車番検知を実施し、事前にデータベース登録されていない車が来た場合のみ管理者へ通知することで車両入退庫管理の簡略化が実現できます。

車両入退庫管理の簡略化が実現

【車両入庫可否判定】のご利用

車両入庫可否判定

カメラで車番を検知し、その車番からはその車のサイズ情報も知ることができ、機械式駐車場において入庫可能なサイズの車かどうかを、自動で判定することも可能です。

AIカメラで車番を検知

入庫可能な規定サイズの車両は駐車場へ誘導し、入庫可能規定サイズ外の車両は、アラートを通知し入庫を規制します。

入庫可能なサイズの車かどうか自動で判定

【車種判定によるマーケティング】のご利用

車種判定によるマーケティング

AIカメラが店舗に到着した車両の車番を検知します。検知した車番から、データベースの情報を元に車種を照会します。

AIカメラが店舗に到着した車両の車番を検知

その他にも、車番から得られる車種情報や登録地域といった情報をマーケティングやプライシングなどに活用することが可能です。

マーケティングやプライシングなどに活用

TRASCOPE-AIカメラを利用し、リアルタイムな画像解析とクラウドへの検知結果送信を可能とすることで効率化を実現いたします。